美祢社会復帰促進センター

【美祢刑務所での勉強】矯正処遇日について解説します!

今日は矯正処遇日について書いて行きます。

きょうせいしょぐうび?

なんじゃそりゃって感じだと思いますが、分かりやすく解説して行きます。

矯正処遇日とは!

矯正処遇日とは刑務所内で作業をしないで勉強をする日と考えてもらえれば大丈夫です。

どの刑務所にもあると思うのですが、確認してないので、ひょっとしたらない刑務所もあるかもしれないです。

刑務所によって内容や日数の違いがあると思いますが、美祢社会復帰促進センターの場合は毎週月曜日が矯正処遇日でした。

(月に4回と決まりがあり、第5月曜日に関しては作業となります)

矯正処遇日にやること

矯正処遇日は作業が完全に休みになります。

代わりに部屋で勉強をするわけです。

  • 読書
  • 資格などの勉強
  • 教育用のテレビ視聴

などが可能です。

要するに勉強して自分の頭で考えられるようになれよって日ですね。

僕は勉強をしたかったので処遇日は好きでした。

ただ、やることなくて超ひまだから作業の方が良いって人も結構いました。

処遇日のルール

処遇日も色々とルールがあります。

まず読書ですが、読んで良い本が決まってました。

当たり前なんですがダメな物もあります。

雑誌・マンガ・将棋とか趣味の本は読めません。

読んで良いのは小説や一般書の部類です。

宗教・絵本なども読めました。

なので普段マンガとか雑誌しか読まない人にとっては辛い日だったようです。

 

この日は小説を読む人が圧倒的に多かったです。

小説で活字に慣れて段々と他の本へ移って行く流れが理想かもしれません。

本は自分で買ったり差し入れしてもらった物でも大丈夫ですし、図書コーナーで借りた物でも大丈夫です。

この日は朝食終了後から夕方までは部屋で机に向かっていないとなりません。

勉強時間の間は基本的にお茶くみ以外で部屋から出ることが禁止されています。

なので、じっとしているのが苦手な人には辛いかと思います。

ずっと本を読んでいるので目が疲れます。

あと座りっぱなしなのでおしりが痛くなるのがちょっと辛かったですね。

矯正処遇日の1日の流れ。

起床7:00

朝食7:30(13分)

勉強スタート8:00

テレビ視聴開始 9:00

室内運動9:45(15分)

テレビ終了11:30

昼食12:00(13分)

勉強再開12:40

テレビ14:00

室内運動14:45(15分)

テレビ終了15:30

勉強終了16:40

夕食17:10(13分)

余暇時間17:40

テレビ18:30

テレビ終了21:00

就寝22:00

ざっとですが、こんな流れになってます。

忘れている部分もあるので、細かい時間の間違いはあるかもしれません。

室内運動

室内運動はラジオ体操のような放送が流れるので、それを合図に部屋の中で筋トレとか体操をしても良いと言うものでした。

放送が終了したら終わりとなります。

この運動はしても、しなくてもどちらでも良いので、やりたい人がやる感じになります。

僕はあまり運動はしてなかったです。

筋トレにハマっている時があったので、その時はやってましたが、一緒にやってた人達が出ちゃってからはモチベーションを上げることができなくて、サボってばっかでした。

意思が弱いんですよ。

運動して汗かいても風呂に入れるわけじゃないですし、タオルで拭くことはできましたがベタベタになるのが嫌であんまり運動はしなかったです。

勉強時間のテレビ視聴

テレビは教育用として放送していました。

今は変わっているかもしれませんが、僕がいた頃は、チャンネル2つから選んで見ることができました。

ひとつは語学番組です。

NHKのプレキソ英語やニュースで英会話、あとは韓国語や中国語、イタリア語の番組を放送していました。

もうひとつのチャンネルでは、

オトナヘノベル、情熱大陸、ダーウィンがきた、ニュース番組などを放送していました。

これも見る見ないは自由でした。

僕も見たり見なかったりです。

情熱大陸とニュースは見ていましたが、あとはあんまり見てなかったです。

ただ興味ないけど、たまには見てみるかってダーウィンとかを見ることもありました。

僕がやっていたこと

矯正処遇日は職業訓練を受けていた時は資格の勉強をしていましたが、ほとんどの時間は読書をしていました。

手当たり次第に色々な本を読んでましたね。

自分で買うのは興味のある本ですが、官本で借りて読むのは興味のない本を良く読んでいました。

興味のある本も読みますが、価値観を広げたいという思いがあったので、興味ない本を借りて読むことが多かったです。

 

昔は読書をする時に全部読まないともったいないと言うか、全部読まないと理解できないという考えがあったんですけど、マジでこれ無駄だわって思って今はやめました。

小説とかは別ですが、本なんて全部読む必要なんてないんですよ。

自分にとって必要なとこだけ読めば良いので、全部読まなきゃ病にかかっている人は時間がもったいないのでやめた方が良いですよ。

 

大事な部分は何度も読み返した方が良いですけど、本なんていらない部分も多いので、そこは切り捨てるようにしてます。

まとめ

矯正処遇日は作業を休んで勉強をする日です。

なので勉強をする時間が沢山ありました。

この時間の使い方次第で出所後の生活で楽ができるかが決まってくるとも言えます。

刑務所内での生活においても勉強していると、どんどん楽になりますよ。

刑務所での勉強でオススメは人間の心理を理解できるようになることです。これが分かるとハードモードからイージーモードになります。

相手の考えが理解できるだけでも楽ですし、相手を誘導できるようになると超絶に楽になります。トラブルにならないのが良いです。

暇なので僕は勉強ばかりしていました。

家族が入ってしまったという人は勉強する事を勧めると良いと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です